オンラインショップ
ITEM LINEUP

ネパール カブレ ププ (ウォッシュド精製)中煎り 200g

coffee-nep-02

ネパール カブレ ププ (ウォッシュド精製)中煎り 200g (coffee-nep-02)

口当たりのマイルドな味わい。

ローストアーモンドのような甘味と明るい酸味がバランスよく感じられます

 

 

国土の77%が丘陵・山岳地帯。ネパールが育むコーヒーとは?

 

ネパールといえば、「ヒマラヤ山脈」「エベレスト」を思いうかべる人も多いのではないでしょうか?
国土の77%が丘陵・山岳地帯。そんな国にコーヒー農家さんたちがいます。

 


 

コーヒー生産の歴史は浅いですが、近年は海外で賞をとる農家が出るほどコーヒー生産が盛り上がっており、ネパール政府も力を入れ始めています。
とはいえ、まだ生産量は少なく物流も整っていないため、日本へは飛行機で輸送します。

 

ププメンドコーヒー農業グループ


今回の豆は、カブレ郡マハバラット地区のコーヒーです。
マハバラットでは、これまでもコーヒーの生産はされてきたものの、 農家さんそれぞれがコーヒーを育て、収穫して、パルパーを持っている人の家でパルピングをし、その後の乾燥はまたそれぞれで行っていました。

「今の自分たちのやり方では、もっとおいしいコーヒーを作ることはできない」と感じていた農家さんたちと日本の企業とが出会い、品質を管理できるように農家グループを作りました。
それが、ププメンドコーヒー農業グループです。
「ププメンド」とは、マハバラットにすむタマン族の言葉で「お花(メンド)のつぼみ(ププ)」という意味。
「ぼくたちは、まだ始まったばかりでお花のつぼみのようなもの。だけど、これからみんなで頑張って、このつぼみを咲かせるんだ。」 という思いで名付けたそうです。



生産地

ネパールカブレ郡 マハバラット地区

精製

ウォッシュド

標高

1,200~1,300m

品種

カツーラ、ブルボン

 

中煎り 200g

販売価格(税込)
¥2,214
お好みのスタイルをお選びください。
スタイル(必須)
粉の挽き度合(粉でお届けする場合は選択ください。)
数量
- Pick Up Item -
おすすめの商品
ONLINE SHOPはこちら
© Organica Coffee.
ONLINE
SHOP
ONLINE SHOP
お家でも焙煎したての豆でひとときを。
オーガニカコーヒー
0